有益な働きをする葉酸

da144011s

葉酸は、ビタミンB群の一種で身体の細胞を作るのに必要不可欠な栄養素です。

主な働きとして、胎児の成長を促進することが知られていますが、他にもさまざまな働きをすることが分かってきました。

その一つが貧血防止ということですが、一般的には貧血は鉄分が不足することで起こるというイメージを持たれていますよね。

私も昔から貧血気味なので、鉄分を多く含んだ食材を選んだり、サプリメントを毎日飲んでいるのです。

でも、悪性の貧血の場合はこの葉酸とビタミンB12の不足が原因とされています。

また、同じように不足すると悪玉アミノ酸が増えてきて、血管の壁にぶつかり傷つけることで、動脈硬化を引き起こすケースもあるということです。

葉酸を適切に摂ることは、動脈硬化になるリスクを抑えることにもつながるんですね。

動脈硬化は、脳や心臓など全身の病気にも関連してくる怖い症状ですから、私もバランスの取れた食事を心がけていきたいと思いました。